2005年12月04日

富士谷御杖『北辺随筆』物語ぶみの詞

○物語ぶみの詞
宇都保物語は時代作者ともに詳ならねど、源氏物語絵合の巻に、「竹とりのおきなに、うつぼのとしかげの巻をあはせて、と古物語に列せられたり。げにおほかたの事がらも、詞づかひなども、ふるめきたり。かの四町など、宇都保物語をまねばれたる所もみゆ。されども、うつぼ物語も、源氏物語も、詞はふるきもあり。また俗語のまゝをかゝれたるもまじり、なほ字音をさながら用ひられたる、詞なども多きぞかし。狭衣は、紫式部がむすめ、大弐三位の作なれば、源氏物語とは、いさゝかのおくれなるを、「法師だてら、などいふ詞さへみえたり。宣長ぬし、すでに源氏物語のことはあげつらはれき。げに御国の文章純粋なるものは、祝詞、宣命なり。しかれども、これのうち宣命は、字音ながら用ひられたる所々うちまじれり。用捨あるべし。されば文章は、たヾ祝詞、宣命のごとく、かくべき事なりとはいへども、かく新古雅俗を心えわきてのちは、いかにも/\かくべきぞかし。たとはゞ、「かなといふ脚結は、中昔よりいで来て、かみつよにては、「かもとのみよめり、【疑のかもをも、ひとつに「かもとよむ事、かみつよの例なり。】かく心得てのちは、「かもゝよむべく、「かなもよむべきがごとし。大かた後世の文章は、中頃のすがたを学ぶやうなれど、所詮は真名ぶみを、仮名にうつしたる物のごとし。いにしへに照して、こゝろをもちふべきなり。
posted by 国語学者 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士谷御杖『北辺随筆』訓と字の先後

〇訓と字の先後
論語に、「絵事後v素とあるをば、「しろきをのちにすとよみ来れゝど、語意ときがたし。わが伯父淇園、「しろきよりのちなりとよませられし。げにさる事なり。すべて漢土の書を訓読せむに、よく心してよまずば、かうやうの事多かるべし。わづらはしと思はゞ、直読せむ方、なか/\まさるべし。されど直読のみしては、文義心得がたきによりて、人皆訓読はするなりけり。おほかたの訓は、もとわが御国言にて、それをかりて漢字をよむ事なるを、いふかひなき人は、漢字の訓の如く心えたる多し。いはゆる、「けだし、「あだかも、「もはら、「またく、「すなはち、「はなはだなどは、ことにわが御国言とはおもはずかし。かつて漢字の訓にはあらず。万葉集中、いづれもおほくよめれば、訓は先にして、字は後なり。ゆめ/\この先後をわするまじきなり。されば漢籍をよまむには、まづわが御国言をわきまへざれば、かの後素のたぐひおほかるべし。
因云、この、「けだし、「あだかもの類は、引くにをよばず、「すなはちといふ詞、古今六帖に、「春たゝむすなはちことに君が為千とせつむべきわか菜なりけり。又宇治拾遺、巻十三に、「かぶりせさすとて、よりて馬そひのいはく、おちたまふすなはち、かぶりをたてまつらで、などかくよしなしごとは、おほせらるゝぞととひければ云々。などみゆ。これらの例を思ふに、「すなはちといふ詞は、漢字のもちひざまとは、置やうかはれるを思ふべし。
posted by 国語学者 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士谷御杖『北辺随筆』文の詞

〇文の詞
文をかくに、心うべき事あり。「まかるヽ「たうべ、「はべるなどの詞なり。これら、撰集の詞書に、つねかゝれたるは、撰集はもと奏覧の為にかける詞なればなり。されば物語ぶみなどにも、人にものいひこたふる時、または消息などにこそ、「はべる、「まかる、などはかゝれたれ。よくおもひわくべき事なり。いふがひなきゝはこそあらめ。よにその名しられたる人すら、このあやまりはみゆめり。
posted by 国語学者 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士谷御杖『北辺随筆』阿々志夜胡志夜

〇阿々志夜胡志夜
おなじ晁木がいへらく、古事記、神武の御巻に、兄宇迦斯《エウカシ》を討たまひし時の歌、「宇陀能多加紀爾志藝和那波留《ウタノタカキニシキウナハル》中略 亜々志夜胡志夜《エヽシヤコシヤ》、此者《コハ》、伊基能布曾《イキノフソ》、阿々志夜胡志夜《アヽシヤコシヤ》、此者|嘲咲者也《アザワラフゾ》とある。このをはりの詞、先達も弁じかねられたり。しかるに、おのれらが本藩にて、【筑後国柳河。】あつしよ《入声》、こつしよ《入声》とつねいふ詞あり。これなるべし。此詞は、あら笑止やなどいふべからん時にいふよしなれば、いとよくこゝにかなひて聞ゆといへり。神武天皇、もと筑紫よりおこらせたまひしかば、筑紫の方言は、かなら
ずふる言の伝はりたるべければ、うたがひなく、これなるべしとぞおぼゆる。亜は要の誤にやあらん。
posted by 国語学者 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士谷御杖『北辺随筆』ねばといふ脚結

〇ねばといふ脚結
かみつよに、ねばといふ脚結おほし。すべて、ぬにといふ心に用ひられたり。代匠記に、万葉集巻四、「奉見而未時太爾不更者如年月所念君《ミマツリテイマダトキダニカハラネバトシツキノゴトオモホユルキミ》、といふ歌の注に、「秋たちていくかもあらねばこのねぬる朝げの風は決すヾしも、【此歌を、後撰集には、すでに「あらぬに、となほしてのせられたり。】「秋田かるかりほもいまだこぼたねば雁がね寒し霜もおきぬがに、「さねそめていまだもあらねば白たへの帯こふべしや恋もつきねば、「秋山のこのはもいまだもみぢねばけさふく風は霜もおきぬべく、「巻向のひばらもいまたくもらねば小松が原に淡雪ぞふる、「うの花もいまださかねば郭公さほの山べを来なきとよもす。これらを引きて、末のよのあさましきは、この詞などのかなへらんことを、いかに案ずれども、えわきまへはべらぬなりと、契沖あざりはかきおかれたり。この阿闍梨より後の注者も、たヾぬにの心なりといへるばかりにて、弁じおかれたることも見えず。先達のおぼめかれたる事を、わきまへがほならんは、なかなかなるわざなれど、此詞、「いまだ時だにかはらぬにとよむ時は、われよりことわるわざとなるが故に、そこをのがれむが為に、ねばとはよむなり。されどよしなくていふにはあらず。相見ていまだ時だにも、かはらねば、ひさしとは思ふまじき理なるにといふ心をおもはせて、ねばとはよむなりけり。これこの阿闍梨の、此詞をしもわきまへられざりけるにはあらず。御国言をば、からごとのなみにおもはれけるがゆゑなりかし。万葉集巻八に、「霜雪毛未過者不思爾春日里爾梅花見都《シモユキモイマダスギネバオモハヌニカスガノサトニウメノハナミツ》とあるは、ねばといひ、ぬにとさへよめり。めづらしき例なり。
posted by 国語学者 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士谷御杖『北辺随筆』経緯

〇経緯
経緯【五十韻をいふ。亡父つねにかくいはせたるなり。】の本は、悉曇家には阿字なり。おのれおもふに、五十のこゑ、みな口をひらきて後きこゆ。口を閉ぢながらこゑあるは、ンなり。此ンのこゑ、さながら口をひらけばはじめてなり出づるこゑは、宇なり。こゝをもてみれば、他域の言はしらず。わが大御国にしては、五十のこゑの本は宇なる事疑なし。【すべて、風土にしたがひて、同じからざる物なる事、いふも更なれば、音とても、猶他域にたがふ事かならずあるべし。うたがふべからず。】かくいふ所謂は、わが大御国言、すべて下に宇緯の音を踏みたるは、詞の正しきなり。たとへば、おもふといふ詞、布をふみたるが本にて、この布の、おもはぬ、おもひ、おもへ、おもほゆなどかよふは、変通なり。また、みるといふ詞、見らく、みればなどかよふが如く、すべて詞といふ詞、このさだめならぬはなし。これをあはせておもへば、いよ/\宇の音は、諸音の本源たるべしとはおぼしきなり。此ンといふこゑ、音はありて文字なきが故に、牟、迩、美など、音便にしたがひてかり用ひられたり。いはゆる蝉、丹波、難波など、脚結の良牟、計牟などのごとし。万葉集巻一、「三輪山乎然毛隠賀雲谷裳情有南畝可苦佐布倍思哉《ミワヤマヲシカモカクスカクモダニモコヽロアラナンカクサフベシヤ》といふ歌の、畝は、一本に武につくれり。字形の似たるが故に、誤れるなるべし。あやしむべからず。宇治拾遺巻三、「今はむかし、小式部内侍に、定頼中納言ものいひわたりけり。それに又、ときの関白かよひたまひけり。つぼねに入りてふし給ひたりけるを、しらざりけるにや。中納言より来てたゝきけるを、つぼねの人、かくとやいひたりけむ。沓をはきて行きけるが、すこしあゆみのきて、経をはたとうちあげてよみたりけり。二こゑばかりまでは、小式部内侍、きと耳をたつるやうにしければ、この入てふしたまへる人、あやしとおぼしける程に、すこしこゑ遠うなるやうにて、四こゑ五こゑばかり、ゆきもやらでよみたりける時、うといひて、うしろざまにこそふしかへりたれ。このいりふし給へる人、さばかりたへがたう、はづかしかりし事こそなかりしかと、のちにのたまひけるとかや、とある、此うといひてといふ宇は、ンたるべけれど、文字なきが故に、うとはかゝれけん。小式部が心のうちに、定頼黄門のこゑを聞きしりめでゝ、おもはずンといひたりしは、音はありながら、関白殿下にはゞかりたるなり。さればンは、未発既発の間のこゑにて、口をひらけば、やがて宇となる事、この書ざまにておもふべきなり。この考を、わが伯父なりし淇園にかたりたりけるに、ンは、漢土にも文字は、なきにや。爾雅に、臍輪とて、◎かゝる字あるは、ンの字なりといはれき。
posted by 国語学者 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士谷御杖『北辺随筆』脚結のをもじ

〇脚結のをもじ
をといふ脚結の事、【脚結とは、世にいふてにをはの事なり、亡父かくいはせたるなり。】亡父成章いへらく、酒はのむためにかみ、ふみはみむためにつくれる物なるが故に、さけをのみ、書をみるとはいふべからず。もし、目しひたる人のふみをよみ、やまひある人の、さけをのまば、必をもじはおくべしといへり。古今集雑下「かぜふけばおきつしら浪たつた山といふ歌の左注に、上下略「よふくるまで琴をかきならしつゝうちなげきて云々。このをもじは、琴ひくべき機嫌ならぬに、心ならずひくさまを、おもはせられたるなり。もと琴は、ひくべき為につくれる物なれば、かゝらむ時こそ、をとはいふべけれ。又いと後の世の歌なれども、新古今、公衡、「かりくらしかた野の真柴をりしきてよどの川瀬の月をみるかな、とよめるをもじ、家にかへりてのちみるべき月を、おもほえず、かた野にて見つるかなとの心を、おもはせてなり。脚結はすべて、をもじにかぎらず、いづれもかゝる心えある物なり。おろかにすまじき事、このひとつにてもしるべし。
posted by 国語学者 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士谷御杖『北辺随筆』御国言

〇御国言
古事記、垂仁の御巻に、品牟都和気《ホムツワケノ》命の御事をば、「是御子、八拳鬚《ヤツカヒゲ》至2心前《ムナサキ》1真事《マコト》登波受《トハズ》、中略 物言如v思爾而勿2言事《モノイフコト》1。この詞、うちみには心えがたき詞なり。勿v言といはゞ、物言如v思とはいふべからず。物言如レ思といはゞ、勿v言とはいふべからぬことわりなり。されば思ふに、思ふが如く物いふは、真言にあらねば、さる物いひは、物いふにあらずとの心なり。これをば唖のごとく心うるは、いとをさなきわざならずや。万葉集中、「言佐敝久《コトサへく》と韓言《カラサへヅリ》をよめるは、日本紀に「韓語言といふにおなじく、きく人の情をさふるいひざまをいふにて、この真言の反なりとしるべし。此けぢめをよくわきまへずば、かみつ世の言どもはときうまじく、ましておのがいはむ言をや。ゆめ/\、わが大御国言を韓語言に混ずまじき事なり。
posted by 国語学者 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士谷御杖『北辺随筆』訓読

〇訓読
好古小録と云ふものに、【藤貞幹著】「日本紀、古来は、全篇訓読の書にあらず。故に、建久年中の本、及、桃華の御本、皆ヲコト点をつくるのみ、されば日本紀の仮名と称するは、私記等の訓なり。今の印本のごとく、悉、訓読せしにはあらず。悉訓読をなすは、日本紀を読む為につくりし仮名本を、【釈日本紀云、仮名日本紀、元慶説云、為v読2此書1私所2注出1也。作者未v詳。】真名の日本紀にならべて、書入れてよましめしが、伝はる物ならんとみゆ。もとからぶみがきにかきたまひし物なる事、これらの説にもあきらかなり。これによりておもふに、万葉集の端作なども、しひて訓読せむはなか/\なるべし。しかれども、日本紀も、御国言をからもじもて、あて給へる所もあるべき事。古事記に、御国言のまゝにかゝれたる、所々多きに思ふべし。一概にも心うまじきなり。
posted by 国語学者 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。