2005年12月05日

山東京伝『骨董集』かくれあそび

〔十一〕かくれあそび
〔宇都保物語〕初秋《はつあき》の巻《まき》に云、「草《くさ》のなかに、笛《ふえ》の音《ね》のし侍《はべ》るを、たづねてなむ、うへ{朱雀院也}、{同御詞}草笛《くさぶえ》をこそはふきけれ。大将《たいしやう》{かねまさ也}、{同詞}かくれあそびをやし侍らん、と聞え給へば云々。」〔栄花物語〕つぼみばなの巻《まき》、長和三年の条《くだり》に云、「をとこぎみは、いみじうおもひきこえ給へれど、なほいとこゝろづきなく、ともすれば、御かくれあそびのほども、わらはげたるこゝちして、それをあかぬことにぞおぼされたる。」とあり。【これらにかくれ遊びとあるは、今云《いまいふ》かくれんぼなるべし。たび/\いふことなれど、わらは遊びには、とにかくにふるき事のこれり。〔書言字考〕に、白地蔵《はくぢざう》の三字《 じ》を、かくれあそびと訓《くん》ぜるは、白地《あからさま》にかくるゝ、かりそめの遊び、といふ義ならん。○寛文の比は、これをかくれごともいへり。〔古今夷曲集〕寛文五年撰、序文《じよのぶん》に、「おさあいを、あひや手打《てうち》、川水《かはみづ》の阿〓《あわゝ》、いな舟《ぶね》の■頭々々《かぶり/\》、土佐《とさ》の手々甲《ぜゝがかふ》、大和《やまと》の元興寺《ぐわんごうじ》隠期《かくれご》などやうの事を、もてつらね、かいちらす、云々。」とあり。】
〔物類称呼〕【安永四年撰。】巻五に、「かくれんぼ、出雲《いづも》にて、かくれんごと云、相摸《さがみ》にて、かくれかんしやうと云、鎌倉《かまくら》にては、かくれんぼと云、仙台《せんだい》にては、かくれかじかといふ。」【醒云、鱗は石間にかくるゝものなればならん。】かゝれば、かくれんぼはかくれ子《ご》の転語《てんご》、かくれ子《ご》はかくれ遊びの遺言《ゐげん》なるべし。


参考文献
高田衛『八犬伝の世界』(中公新書・ちくま学芸文庫)
posted by 国語学者 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 語釈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

西田直養『筱舎漫筆』巻六「郭公鳥」

郭公はホトヽギスとなく。ゆゑに名となりしといふ事、むかしよりいひて、谷川翁なども、かの十王経のことひきて委しく論あり。されど是までうべなはざりしを、今年この日が窪のやかたにゐて、初夏の頃、この鳥の声をはじめてかしましきまでにきゝて、かの説の偽ならぬをしりぬ。げにホトヽギスとなくにきはまれり。さてふるくはあらねど、此鳥にかぎりて名のるとよめるも、おのが名をのりてすぎゆくよりいへること、またけちえむなり。そも/\この鳥は、はつかなる一声をだに、夢かとのみたどらるゝほど耳とほきものなればこそ、むかしより賞翫もことなれ。それゆゑにホトヽギスと名のりなどいふまで聞わくべきやは。たゞ一声の音いろのみにて、有明の月に打むかへるなむよのならはしなる。さるを朝よりゆふかけて、夜はさらなりなくをも見むとて、やをらうかゞへば、おほきさ鳩ほどもありて、鼠色にてやせたり。画工などの小さくかくは、いつも雲ゐはるかに飛ゆくさまならではみざれば、燕などやうのものゝ如くにはおもへり。またいふ鶯のかひこの中のほとゝぎすといふこと、万葉集にもあれど、いまの鶯の巣にて、そだつべきものにあらず。郭公の巣に鶯のそだつ事はあるべし。いぶかしきことなり。鶯といふものも、西土の鶯とはことなるよしなれば、いまの鶯と、又いにしへの鶯ともかはりたるにや。

ホトトギス(日本語の語源説)
posted by 国語学者 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 語釈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。