2005年10月10日

『旧事諮問録』大奥の事

第四回 明治二十四年四月二十三日
大奥の事
答問者
 旧幕|中臈《ちゆうろう》箕浦はな子
 同|御次《おつぎ》佐々鎮子
岩波文庫による

◎問 将軍の御言葉はどういう風ですか。古本《ふるほん》で二代将軍の御言葉を見ましたが、「おじゃる」というようなことがあったようです。やはりそんな言葉を遣《つか》ったのですか。
◎答 御自分様のことを「こちら」と申されました。
◎問 御付の方の言葉は、やはり遊ばせ言葉でしたか。
◎答 さようでございます。
◎問 下方《しもかた》で遣っている遊ばせ言葉と同じですか。
◎答 さようにございます。将軍様は御自分のことを、自分が自分がともおっしゃったこともございました。此方《こちら》とか自分とかおっしゃいました。
◎問 御台様は何と申されましたか。
◎答 御台様は「私《わたくし》」とおっしゃいました。私は嫌いじゃとか、好きじゃとか、あーじゃ、こーじゃとおっしやったのでございます。公方様は、いやだ、好きだとおっしゃって、別に通常の言語と変ったことはございませぬ。
◎問 彼方《あなた》がたが御台様に何かおっしゃるときは、何というのですか。
◎答 御前《ごぜん》と申します。
◎問 将軍家には。
◎答 上《かみ》と申します。この御湯取は上のであるとか、上の御|薬缶《やかん》だとか申すのでございます。
posted by 国語学者 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語生活史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7939786
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。