2005年06月25日

岡島何羨子

『韻鏡井蛙抄』(享保五年)を著わした、何羨子 岡島道高と思われる人物を見かけたので記しておく。

中野三敏先生蔵の『享保癸卯/新正試筆』享保八年刊。内題は「新正試筆」、柱には「癸卯元旦」。篠崎東海(ここでは、「東海逸民篠崎三悦」)が纏めたもの。

そこに、「何羨子岡島長右衛門」で、詩を寄せている。

『韻鏡井蛙抄』は、誠心堂書店で、伝本少なし(著者不詳とも)とて、85000円で売られている。

別に購入している。国書総目録にれば、東洋大学のみ。
posted by 国語学者 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4611554
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。