2005年06月11日

韻鏡は唐音を正す書(平賀中南『学問捷径』)

今の通事、詩も詩経も平常読書の通りに読むゆへ声律一向に分れず。今の通事、韻鏡は唐音を正す書なることを知らず、名乗を返す書のみと思ふて居るやうの浅間しきことなり

江戸時代支那学入門書解題集成3 p162-183
posted by 国語学者 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 字音資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4279368
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。