2005年06月11日

大潮・唐音(『学問捷径』)

平賀中南『学問捷径』(日新堂学範)(安永八年刊)巻中
呼火口乾呼雪歯寒と云ふことあり。火音はホウなり。ホウと云へば口中あたゝかになる故に口乾くと云ふ。雪の音はシと云へば歯に風しむやうなり。故に歯寒しと云ふ。大潮和尚この言を宇野三平の前にて唱へられしかば。三平取りあへず呼虎風生と云れたりとて。其の俊抜を歎ぜられたり。虎の音フウなり。

江戸時代支那学入門書解題集成3 p166
石崎又造『近世日本に於ける支那俗語文学史』p67
高橋昌彦「先哲叢談聚議1宇野明霞」(『雅俗』1号)
posted by 国語学者 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 字音資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。