2005年04月24日

福沢諭吉『文字之教』

http://kindai.ndl.go.jp/cgi-bin/img/BIImgFrame.cgi?JP_NUM=41021252&VOL_NUM=00000&KOMA=1&ITYPE=0

……むつかしき字をさへ用ひざれば漢字の数は二千か三千にて沢山なるべし。此書三冊に用ひたる言葉の数僅二千に足らざれども一通りの用便には差支へなし

松坂忠則『国語国字論争』真昼文庫
「日本に仮名の文字ありながら……沢山なるべし」
posted by 国語学者 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 国字問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。