2005年04月19日

西田直養『筱舎漫筆』巻五「闕字弁」

屋代翁の説に、皇国にては文書に闕字の例なし。近来漢文にならひて、闕字にするは和学者の杜撰なり。また文書の末に、序跋などに年号をかき名をかくに、別にはなしてかくこと古例なし。古今集の序を始として、代々の勅撰すべて、本文とかきつゞけなりとあり。いにし年、江戸にてきゝしをいまおもひ出しぬればものしつ。


西田直養『筱舎漫筆』巻五「古本の点」
posted by 国語学者 at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語生活史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3037435
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。