2005年04月01日

田口卯吉「国語上より観察したる人種の初代」

『史学雑誌』第一二編第六号、明治三四年(



日本語の祖をヨーロッパ語に求めようとした論として知られるが、「日本の語法は全くトルコと同一であります」などとも言っている。



【反響】

新村出「田口博士の言語に関する所論を読む」(『言語学雑誌』24)(『東方言語史叢考』)(全集1)
posted by 国語学者 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2842791
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

藤岡勝二「日本語の位置」2
Excerpt: 藤岡勝二「日本語の位置」1の続き  第二に日本語の本来の言葉にはアール(r)の音が初めに来ない事です。これは多くの人が古から、すでによく言っていることです。これはウラルアルタイ語族の方でも西の方トル..
Weblog: 日本語史資料の連関
Tracked: 2004-01-01 00:00

藤岡勝二「言語を以て直に人種の異同を判ずること」
Excerpt: (『史学雑誌』第一二編第九号、明治三四年) * 田口卯吉「国語上より観察したる人種の初代」『史学雑誌』第一二編第六号(明治三四年)を受けて。
Weblog: 日本語史資料の連関(移行実験)
Tracked: 2005-04-08 03:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。