2005年03月11日

ローマ字論の始め(明治事物起源 第七学術)

 明治七年二月発行、『明六雑誌』第一号に、西周の「洋字を以て国語を書するの論」一篇あり。帰するところは、今日いはゆるローマ字法を採用せんとの旨趣なり。中について、左のごとき例をあげしを見る。


  ○ハ読マヌ字ノ標  ^ハ韻字韻ノ変ズル者

  上ノ仮名綴字 下ノ仮名ハ呼法 一ハ目的二出ス語実辞其外ヲ形容語ニ用フル時


イカサマ オモシロシ  オモシロキ  コト  アツク ナル
ikasama  omosirosi  omosiroki  koto  atuku naru
イカサマ オモシロ・イ オモシロ・イ コト  アツ・ウ ナル

                       ○    ○
フシギナル コト コレ ニテ ヨシ イマ キカム  イワム
fusiginaru koto  kore nite  yosi ima  kikam,  yuwam
                        ^   ^
フシギナル コト コレ ^デ ヨイ  イマ キカウ イワウ




 この新論は、一時立ち消えの姿なりしが、明治十八年の夏、死灰再燃し、ローマ字会と

いふ協会の成るを見たり。

  横でも通すローマ字の発起人  臨笑
posted by 国語学者 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 国字問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2842552
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。