2005年03月11日

(明治事物起源 第七学術)日本辞書の始め

 未完本ながら、明治四年に公刊せる『語彙』は、新式日本辞書と見るべきものなり。大槻先生『言海』の跋文中に、八年二月二日、本省報告課に転勤し、ここに始めて日本辞書編纂の命あり、……これより先に、編輯寮にて、語彙を編輯せしめられしに、碩学七、八人して、二、三年の問に、わづかにアイウエの部を成せりき。横山由清君も、その一人なりしが、再挙ありと聞かれて、意見を述べられけるは、語彙の編輯、議論にのみ日を過ぐして、成功なし。多人数ならむよりは、大槻一人にまかせられたらむには、かへつて全功を見ることあらむと、いはれたりとなり。また明治十一年には、物集高見編纂の『日本小辞彙』あり、説明は粗略ながら、体裁は、やはり当時としての新式のものなり。

 近藤真琴の著述にかかる『ことばのその』は、小本和装六冊ものなり。その緒言によれば、明治十六年三月より編纂に着手し、十七年秋より摺本にせり。
ことばのその一ノ巻アの部

あのむどよりいつるこゑ、かさたなはまやらわの、こゝのつのこゑは、なかくひけばみなあとなる。またいうえおのこゑのはじめなり。

posted by 国語学者 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 辞典類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。