2005年03月09日

大槻文彦への天誅葉書

『新聞集成/明治編年史』十三巻 p439

臨時仮名遣調査委員会について、「言海と相背戻する處多く」などと。
posted by 国語学者 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国字問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2842503
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。