2005年02月26日

〔北辺随筆[初編一]〕経緯

経緯【五十韻をいふ、亡父(富士谷成章)つねにかくいはせたるなり】の本は悉曇家には阿字也、おのれおもふに、五十のこゑ、みな口をひらきて後きこゆ、口を閉ながらこゑあるは、ンなり、此ンのこゑ、さながら口をひらけばはじめたなり出るこゑは宇なり、こゝをもてみれば、他域の言はしらず、わが大御國にしては五十のこゑの本は宇なる事疑なし



古事類苑 文学部二音韻 五十音)
posted by 国語学者 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 字音資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2842449
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。