2006年01月20日

石川雅望「ねざめのすさび」○古言

  ○古言
ふるき詞は代をふるにしたがひてうつりゆく物なり。鐔の字、和名抄に、唐韻云。鐔音尋、一音潭。和名都美波。劒鼻也とあり。此つみはを、今は高きもいやしきも皆つばとぞとなふる。又同書に、温室経云。澡浴之法用2七物1。其七日内衣。和名由加太比良とありて、湯に入し時きる衣にて、湯帷子なるを、今はゆかたとのみ略しいふなり。粉は和名之路岐毛能とあれば、しろしなど略しいひたらんを、後に御の字をかうぶらせて、おしろいとよべれば、いよ/\なに事ともしれぬ名とはなりにたり。
posted by 国語学者 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。