2006年01月20日

石川雅望「ねざめのすさび」○てんこちなし

  ○てんこちなし
ゐなか人の詞に、てんこちもなしといへることは、ふるき詞なり。宇治拾遺物がたりに、てんこつもなくおろ/\かなてたりければとあり。実に古言はゐなかにぞおほくのこりたり。
posted by 国語学者 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 方言史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11978773
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。