2006年01月20日

石川雅望「ねざめのすさび」○かなづかひ

  ○かなづかひ
かなづかひは古書によるべきことなりといへるはさも有べし。されど強ていまとたがはんとせるこゝろより、なか/\にかたくなゝる説をもいふめり。かほると云かなをかをるとかきて、万葉集に香乎礼流、また字鏡に加乎留とあれば、それを拠所とすといへり。されど賀茂なにがしが説に、古本催馬楽歌(東遊カ)に加保留とあるによるべし。万葉集第二に香乎礼流とある乎は本の誤なりといへり。この説ことわりあり。げに乎と本と字も相似かよひたり。保は乎と混ずべき字にはあらず。あながちにいまのかなをためむとするよりさいふべけれども、古書に両様に云てあらむには、いまのかなのかたにしたがふかたおだやかなるべし。をこたりをごりなどいへる詞も、はじめを《しのヲ》に書来たれるを、古言梯といへるものに、奢は大ほこりの意なるべしとて、おごりと書、怠は行廃《オコナヒスタリ》ならむとておこたりと書改しなど、すべて暗推の説にてよりがたし。古書に証あらむにはよかるべし。証拠もなきを、にはかに臆説をもて訓義をつけいはんとせば、いかさまにもいはるべきことなるをや。
posted by 国語学者 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11978718
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。