2005年12月04日

富士谷御杖『北辺随筆』物語ぶみの詞

○物語ぶみの詞
宇都保物語は時代作者ともに詳ならねど、源氏物語絵合の巻に、「竹とりのおきなに、うつぼのとしかげの巻をあはせて、と古物語に列せられたり。げにおほかたの事がらも、詞づかひなども、ふるめきたり。かの四町など、宇都保物語をまねばれたる所もみゆ。されども、うつぼ物語も、源氏物語も、詞はふるきもあり。また俗語のまゝをかゝれたるもまじり、なほ字音をさながら用ひられたる、詞なども多きぞかし。狭衣は、紫式部がむすめ、大弐三位の作なれば、源氏物語とは、いさゝかのおくれなるを、「法師だてら、などいふ詞さへみえたり。宣長ぬし、すでに源氏物語のことはあげつらはれき。げに御国の文章純粋なるものは、祝詞、宣命なり。しかれども、これのうち宣命は、字音ながら用ひられたる所々うちまじれり。用捨あるべし。されば文章は、たヾ祝詞、宣命のごとく、かくべき事なりとはいへども、かく新古雅俗を心えわきてのちは、いかにも/\かくべきぞかし。たとはゞ、「かなといふ脚結は、中昔よりいで来て、かみつよにては、「かもとのみよめり、【疑のかもをも、ひとつに「かもとよむ事、かみつよの例なり。】かく心得てのちは、「かもゝよむべく、「かなもよむべきがごとし。大かた後世の文章は、中頃のすがたを学ぶやうなれど、所詮は真名ぶみを、仮名にうつしたる物のごとし。いにしへに照して、こゝろをもちふべきなり。
posted by 国語学者 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。