2005年12月04日

富士谷御杖『北辺随筆』御国言

〇御国言
古事記、垂仁の御巻に、品牟都和気《ホムツワケノ》命の御事をば、「是御子、八拳鬚《ヤツカヒゲ》至2心前《ムナサキ》1真事《マコト》登波受《トハズ》、中略 物言如v思爾而勿2言事《モノイフコト》1。この詞、うちみには心えがたき詞なり。勿v言といはゞ、物言如v思とはいふべからず。物言如レ思といはゞ、勿v言とはいふべからぬことわりなり。されば思ふに、思ふが如く物いふは、真言にあらねば、さる物いひは、物いふにあらずとの心なり。これをば唖のごとく心うるは、いとをさなきわざならずや。万葉集中、「言佐敝久《コトサへく》と韓言《カラサへヅリ》をよめるは、日本紀に「韓語言といふにおなじく、きく人の情をさふるいひざまをいふにて、この真言の反なりとしるべし。此けぢめをよくわきまへずば、かみつ世の言どもはときうまじく、ましておのがいはむ言をや。ゆめ/\、わが大御国言を韓語言に混ずまじき事なり。
posted by 国語学者 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。