2005年12月04日

富士谷御杖『北辺随筆』訓読

〇訓読
好古小録と云ふものに、【藤貞幹著】「日本紀、古来は、全篇訓読の書にあらず。故に、建久年中の本、及、桃華の御本、皆ヲコト点をつくるのみ、されば日本紀の仮名と称するは、私記等の訓なり。今の印本のごとく、悉、訓読せしにはあらず。悉訓読をなすは、日本紀を読む為につくりし仮名本を、【釈日本紀云、仮名日本紀、元慶説云、為v読2此書1私所2注出1也。作者未v詳。】真名の日本紀にならべて、書入れてよましめしが、伝はる物ならんとみゆ。もとからぶみがきにかきたまひし物なる事、これらの説にもあきらかなり。これによりておもふに、万葉集の端作なども、しひて訓読せむはなか/\なるべし。しかれども、日本紀も、御国言をからもじもて、あて給へる所もあるべき事。古事記に、御国言のまゝにかゝれたる、所々多きに思ふべし。一概にも心うまじきなり。
posted by 国語学者 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 学史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。